国民的スター真央の引退で心配される浅田舞の“仕事激減”

公開日:

 とても仲の良い美人姉妹で通っている浅田真央(26)と舞(28)だが、過去には仲の悪かった時代があったことも知られている。舞はバラエティー番組などで、「めちゃくちゃ仲が悪かった」と告白、同じフィギュアスケートの選手でありながら、圧倒的に才能豊かな真央へのジェラシーなどを抱えていたのだ。真央は真央で、そんな姉が疎ましく「いなくなればいい」と思っていたこともあったと打ち明けている。

「競技選手からの引退を発表した真央によって、舞は仕事を奪われ、またぞろ確執が再燃する恐れがあるんです」と心配するのは、舞に近い芸能関係者だ。こう続ける。

「舞はフィギュアスケート選手からの引退後、スポーツキャスターやタレントで活躍していますが、真央の姉であることが最大のウリになっています。本人も重々承知でしょうけど、国民的存在の妹がいるからバラエティーなどでお呼びがかかった。その場で誰もが知りたい妹の素顔などを語るから、視聴者は耳を傾けたのです。ところが真央が引退し、今また姉と同じような転身が濃厚となっている。真央本人が自らを語るならば、姉のニーズはなくなるし、フィギュア大会などでのキャスターも、バンクーバー五輪銀メダリストの真央が務めるのであれば、舞のポジションはなくなる。真央にその気はなくても、舞は今とは別の仕事を探さなければならなくなる日が近いのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る