• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国民的スター真央の引退で心配される浅田舞の“仕事激減”

 とても仲の良い美人姉妹で通っている浅田真央(26)と舞(28)だが、過去には仲の悪かった時代があったことも知られている。舞はバラエティー番組などで、「めちゃくちゃ仲が悪かった」と告白、同じフィギュアスケートの選手でありながら、圧倒的に才能豊かな真央へのジェラシーなどを抱えていたのだ。真央は真央で、そんな姉が疎ましく「いなくなればいい」と思っていたこともあったと打ち明けている。

「競技選手からの引退を発表した真央によって、舞は仕事を奪われ、またぞろ確執が再燃する恐れがあるんです」と心配するのは、舞に近い芸能関係者だ。こう続ける。

「舞はフィギュアスケート選手からの引退後、スポーツキャスターやタレントで活躍していますが、真央の姉であることが最大のウリになっています。本人も重々承知でしょうけど、国民的存在の妹がいるからバラエティーなどでお呼びがかかった。その場で誰もが知りたい妹の素顔などを語るから、視聴者は耳を傾けたのです。ところが真央が引退し、今また姉と同じような転身が濃厚となっている。真央本人が自らを語るならば、姉のニーズはなくなるし、フィギュア大会などでのキャスターも、バンクーバー五輪銀メダリストの真央が務めるのであれば、舞のポジションはなくなる。真央にその気はなくても、舞は今とは別の仕事を探さなければならなくなる日が近いのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る