• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地道な姉と裏腹に 上野樹里は“ある件”でTV界から総スカン

 女優の上野樹里(30)に背中を押される形で上京したのが、姉でシンガー・ソングライターの上野まな(34)。妹が13歳で芸能界入りし、駆け足でトップ女優に上り詰めたのに対し、まなは21歳のころに音楽業界に入った。

 姉妹間“格差”は大きく、まながテレビ番組で「妹とは部屋の広さも5倍、家賃も5倍格差がある」と発言したこともあった。ドラマや映画に引っ張りだこの妹とは対照的だが、好きな音楽を続けることに喜びを感じているという。

「2006年に秋葉原で路上デビューして以降、小さなライブハウスなどで地道に音楽活動を続けています。休日には遊園地でファンイベントなども行っている。歌唱力にはもともと定評があった上、ファンを大切にするので、今も活動を続けていられるのだと思います」(芸能関係者)

 一方の樹里は“ある事件”をきっかけに、テレビ業界から総スカン状態になりつつあるという。現在放送中のKAT―TUNの亀梨和也主演の日本テレビ系ドラマ「ボク、運命の人です。」でヒロインに決まっていたのだが広報発表直前にキャンセルしたのだ。これには日テレも大慌てでキャスティングを見直すことになり、広報戦略が遅れてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事