産経新聞人事にも波及 フジ日枝院政でグループ暗黒時代へ

公開日: 更新日:

「後白河法皇以来のヒドい院政ですよ」

 フジサンケイグループの関係者がこう嘆くほど、フジテレビの日枝久会長(79)の“暴走”が止まらないらしい。産経新聞のトップ人事が内定したのだが、太田英昭会長が取締役相談役に退き、熊坂隆光社長が会長に、飯塚浩彦専務が社長にそれぞれ昇格するという。

「太田氏は会長になって、わずか2年で交代です。フジテレビ出身で報道・情報畑を歩んできた力のある人ですが、日枝氏に黙ってある事業を進めていたことが、日枝氏の逆鱗に触れたらしい。順当な人事のように見えますが、日枝氏が扱いやすい人間をトップにもってきただけです」(サンケイグループ関係者)

 先日、フジテレビの役員人事も発表され、日枝氏は取締役相談役に退き、新社長に宮内正喜氏、新会長に嘉納修治氏が就くことが分かったが、宮内、嘉納両氏とも、日枝氏の“腰巾着”として有名だ。嘉納氏に至っては何十年も経理畑を歩んできており、なんでそんな人物がテレビ局のトップになるのか、局内は絶望感に包まれているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  7. 7

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  8. 8

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

もっと見る