産経新聞人事にも波及 フジ日枝院政でグループ暗黒時代へ

公開日: 更新日:

「後白河法皇以来のヒドい院政ですよ」

 フジサンケイグループの関係者がこう嘆くほど、フジテレビの日枝久会長(79)の“暴走”が止まらないらしい。産経新聞のトップ人事が内定したのだが、太田英昭会長が取締役相談役に退き、熊坂隆光社長が会長に、飯塚浩彦専務が社長にそれぞれ昇格するという。

「太田氏は会長になって、わずか2年で交代です。フジテレビ出身で報道・情報畑を歩んできた力のある人ですが、日枝氏に黙ってある事業を進めていたことが、日枝氏の逆鱗に触れたらしい。順当な人事のように見えますが、日枝氏が扱いやすい人間をトップにもってきただけです」(サンケイグループ関係者)

 先日、フジテレビの役員人事も発表され、日枝氏は取締役相談役に退き、新社長に宮内正喜氏、新会長に嘉納修治氏が就くことが分かったが、宮内、嘉納両氏とも、日枝氏の“腰巾着”として有名だ。嘉納氏に至っては何十年も経理畑を歩んできており、なんでそんな人物がテレビ局のトップになるのか、局内は絶望感に包まれているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る