フジTV局員は仰天…日枝会長が“院政”継続を堂々公言

公開日:

 異例づくしの大型人事を発表し非常事態が続く東京はお台場。フジテレビを傘下にもつフジ・メディア・ホールディングス(以下FMH)は15日、台場本社にて17年3月期の決算説明会を開催した。この日、FMHとフジで代表取締役会長を務める日枝久氏(79)は、11日の会長退任発表から初めて公の場に姿を見せた。そして、機関投資家や証券アナリストらを前に「フジテレビは不本意な業績だった。視聴率と営業収益の向上が喫緊の課題」と悔しさをにじませながら語ったという。

 会長退任に加え、フジ亀山千広社長(60)の更迭人事が明らかになったのは、先週9日のこと。視聴率の低迷、社長就任から3年間で経常利益を3分の1近くまで減少させ、事実上の引責辞任に追い込まれたわけだが、「日枝氏の後任を務めた村上光一氏、豊田皓氏はいずれも6年ずつ社長を務めた。日枝会長は耳の痛い話は本人に直接言えず、人を介して伝えるぐらい寵愛していた亀山氏にもせめて6年は社長を任せようと思っていたはず。しかし、あのまま体制の見直しを図らずにいたら、6月の株主総会で日枝会長の責任問題に及んだはず。今回の“社長クビ”はやむなしでしょう」(フジ関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る