フジTV局員は仰天…日枝会長が“院政”継続を堂々公言

公開日:

 異例づくしの大型人事を発表し非常事態が続く東京はお台場。フジテレビを傘下にもつフジ・メディア・ホールディングス(以下FMH)は15日、台場本社にて17年3月期の決算説明会を開催した。この日、FMHとフジで代表取締役会長を務める日枝久氏(79)は、11日の会長退任発表から初めて公の場に姿を見せた。そして、機関投資家や証券アナリストらを前に「フジテレビは不本意な業績だった。視聴率と営業収益の向上が喫緊の課題」と悔しさをにじませながら語ったという。

 会長退任に加え、フジ亀山千広社長(60)の更迭人事が明らかになったのは、先週9日のこと。視聴率の低迷、社長就任から3年間で経常利益を3分の1近くまで減少させ、事実上の引責辞任に追い込まれたわけだが、「日枝氏の後任を務めた村上光一氏、豊田皓氏はいずれも6年ずつ社長を務めた。日枝会長は耳の痛い話は本人に直接言えず、人を介して伝えるぐらい寵愛していた亀山氏にもせめて6年は社長を任せようと思っていたはず。しかし、あのまま体制の見直しを図らずにいたら、6月の株主総会で日枝会長の責任問題に及んだはず。今回の“社長クビ”はやむなしでしょう」(フジ関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る