フジ入社の佐々木主浩長男 社内報で明かした“最大の武器”

公開日:

 フジテレビが昔から著名人や有力スポンサー、政治家の子弟といったコネ入社が多いのは知られた話。ここ数年でいえば、安倍首相の甥っ子(14年)、サッカー元日本代表・永島昭浩の娘(14年)、藤井フミヤの息子(16年)あたりが有名だが、この4月、新たな七光に名を連ねたのが、元プロ野球選手の大魔神こと佐々木主浩(49)の長男だ。

 東京キー局のフジは、視聴率低迷に喘いでいるとはいえ、やはり腐ってもタイである。入社できるのは500倍、1000倍ともいわれる競争率を勝ち抜いたまさに選ばれし者だが、大魔神ジュニアは、17年度の一般職入社組20人(男性13人、女性7人)のひとりとして入社した。

 もともと大リーグでも活躍した父に憧れ、甲子園を目指す高校球児だったという。小中高12年間は野球ざんまいだったが、父の母校・東北福祉大に進学するとゴルフ部へ。名門で腕を磨き、「やるからにはプロを目指したい」とスポーツ紙のインタビューで意気込みを語っていたが、あえなく夢敗れ、この春からテレビマンへ転身を図ったというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る