1体70万円 美しすぎる“ラブドール展”に若い女性が殺到中

公開日:

 渋谷のアートスペース「アツコバルー」で開催中の「今と昔の愛人形(ラブドール)展」が賑わっている。それも入場者の若い女性比率が高い。

 ラブドールはダッチワイフと呼ばれたかつての性処理人形を進化させたもので、表情、肌触りなど、ホンモノの女性と見まがう存在感。

 今回の展示に先立ち、写真家・篠山紀信が撮ったラブドールと本物の女性のコラボ写真展覧会を行ったが、ラブドールの精巧さは生身の女性と見分けがつかないほどだった。

「子どもの頃の人形遊び感覚なのか、意外なことに来場者の7割が若い女性でした」(担当者)

 主催のオリエント工業は1977年にラブドールの開発を始めた。その第1号から最新作まで展示。1体70万円以上というラブドールのユーザーはさまざまだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る