1体70万円 美しすぎる“ラブドール展”に若い女性が殺到中

公開日: 更新日:

「もともと、何らかの事情で性的な障害を持っている方に精神的・肉体的な充実感をもっていただけるように開発した経緯もありますが、今は若い男性が恋人としてお買い求めすることも多いですね」(担当者)

 是枝裕和監督の「空気人形」はラブドールと暮らす中年男を描いたもので、現代人の心の隙間をラブドールが埋める哀切な物語だった。

 会場では実際にドールの局部の感触を体感できるコーナーもあり、女性連れの若い男性がしり込みするのと反対に、女性の方が積極的にトライする様子も。女性に消極的な草食系男子の増殖がラブドール時代を象徴してる?

 6月11日まで開催。
※渋谷東急Bunkamura前。入場料1000円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る