安さだけじゃない…若い女性が「昭和酒場」にハマるワケ

公開日:

 店の軒先の赤提灯が風情たっぷりで、座布団を敷いたビールケースがイス代わり。焼き鳥や串カツ、煮込みにビールを飲んで、1人2000円ほど。「昭和」な雰囲気の酒場に、若い女性が吸い寄せられている。

 東京なら、恵比寿横丁、吉祥寺のハーモニカ横丁、下北沢の鈴なり横丁、有楽町のぶんか横丁など、昭和酒場が軒を連ねる横丁系はもちろん、新宿ゴールデン街にも20代女性客がズラリ。都内各地の酒場で流しとしても活動するミュージシャンのさとうさおりさんはこう話す。

「20~30代の女性同士、男性同士で訪れたお客さんが、隣り合わせになったことで、仲良くなるシーンはよく見かけます。流しで歌うと、その曲をきっかけに『これ好きなんですよ』『次はどの曲をリクエストしようか?』などと初対面同士で盛り上がることもある。隣のおじさんと懐メロをキッカケに意気投合する若い女性グループもいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る