安さだけじゃない…若い女性が「昭和酒場」にハマるワケ

公開日: 更新日:

 店の軒先の赤提灯が風情たっぷりで、座布団を敷いたビールケースがイス代わり。焼き鳥や串カツ、煮込みにビールを飲んで、1人2000円ほど。「昭和」な雰囲気の酒場に、若い女性が吸い寄せられている。

 東京なら、恵比寿横丁、吉祥寺のハーモニカ横丁、下北沢の鈴なり横丁、有楽町のぶんか横丁など、昭和酒場が軒を連ねる横丁系はもちろん、新宿ゴールデン街にも20代女性客がズラリ。都内各地の酒場で流しとしても活動するミュージシャンのさとうさおりさんはこう話す。

「20~30代の女性同士、男性同士で訪れたお客さんが、隣り合わせになったことで、仲良くなるシーンはよく見かけます。流しで歌うと、その曲をきっかけに『これ好きなんですよ』『次はどの曲をリクエストしようか?』などと初対面同士で盛り上がることもある。隣のおじさんと懐メロをキッカケに意気投合する若い女性グループもいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る