小島慶子<上> 忖度の時代に「直言」を全うする意義とは

公開日: 更新日:

 TBSを退社して7年。小島慶子さん(44)は、14年2月に生活の拠点をオーストラリアのパースへ移しながらも、独自の“出稼ぎスタイル”で活躍中だ。テレビやツイッターでの発言は、ネットニュースや雑誌でたびたび取り上げられ、物議を醸している。世は忖度の時代。はっきりと主張するスタンスは風当たりも強そうだが、本人はいたって自然体だ。

 ◇  ◇  ◇

 それにしてもこの7年、あっという間でした。会社を辞めたのは、企業の発表係ではなく、自分のパーソナリティーが商品になる仕事の方が性に合っていると思ったからです。いまでこそ笑い話ですが、「それではCMの後、衝撃のVTRです」といった一行のカンペすらまともに読めない局アナでした。決められたコメントだとつっかえちゃう。それはきっと我が強い脳ミソに原因があるからなんだろうと考え、局アナには不向きだなと(苦笑い)。発表係を本分とする仕事の適性がないことに、15年かかって気づいたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

もっと見る