小島慶子<上> 忖度の時代に「直言」を全うする意義とは

公開日:

 TBSを退社して7年。小島慶子さん(44)は、14年2月に生活の拠点をオーストラリアのパースへ移しながらも、独自の“出稼ぎスタイル”で活躍中だ。テレビやツイッターでの発言は、ネットニュースや雑誌でたびたび取り上げられ、物議を醸している。世は忖度の時代。はっきりと主張するスタンスは風当たりも強そうだが、本人はいたって自然体だ。

 ◇  ◇  ◇

 それにしてもこの7年、あっという間でした。会社を辞めたのは、企業の発表係ではなく、自分のパーソナリティーが商品になる仕事の方が性に合っていると思ったからです。いまでこそ笑い話ですが、「それではCMの後、衝撃のVTRです」といった一行のカンペすらまともに読めない局アナでした。決められたコメントだとつっかえちゃう。それはきっと我が強い脳ミソに原因があるからなんだろうと考え、局アナには不向きだなと(苦笑い)。発表係を本分とする仕事の適性がないことに、15年かかって気づいたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る