小島慶子<下>「ホライズン」は40代半ばだからこそ書けた

公開日: 更新日:

「TBS社員時代はラジオの番組後記を書く程度だった」と振り返る小島慶子さんが、物書きを生業とする現在の姿をいちばん驚いているようだ。4月に上梓した2作目となる長編小説「ホライズン」(文藝春秋)は、夫の仕事に伴い南半球で暮らす4人の女性たちの孤独と共感を描いた。今だからこそ書ける作品だという。

 ◇  ◇  ◇

 オーストラリアで私を産み育てた母は一体、何を考えていたのか――。今作の着想は自分が同じ土地で子育てをして初めて感じた素朴な疑問をもとに、女性ならではの幸せや人間関係のしんどさをつづりました。美しい親子愛、絵になる友情、ステキな夫婦……いずれも簡単に築ける関係ではありません。

 それに40代半ばにもなると、身近な相手と過ごす時間が、人生の豊かさにつながるとは限らないことを痛感します。ただ、人とつながることにささいな喜びを感じないわけではない。そこはかとないつながりのまま友情が芽生えることもあれば、時間をおいて出会い直しが必要な場合もある。人間関係は実に難しいものですが、小説には、現実社会のネガティブな関係の中にもある希望を込めて書いたつもりです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

もっと見る