小島慶子<下>「ホライズン」は40代半ばだからこそ書けた

公開日:

「TBS社員時代はラジオの番組後記を書く程度だった」と振り返る小島慶子さんが、物書きを生業とする現在の姿をいちばん驚いているようだ。4月に上梓した2作目となる長編小説「ホライズン」(文藝春秋)は、夫の仕事に伴い南半球で暮らす4人の女性たちの孤独と共感を描いた。今だからこそ書ける作品だという。

 ◇  ◇  ◇

 オーストラリアで私を産み育てた母は一体、何を考えていたのか――。今作の着想は自分が同じ土地で子育てをして初めて感じた素朴な疑問をもとに、女性ならではの幸せや人間関係のしんどさをつづりました。美しい親子愛、絵になる友情、ステキな夫婦……いずれも簡単に築ける関係ではありません。

 それに40代半ばにもなると、身近な相手と過ごす時間が、人生の豊かさにつながるとは限らないことを痛感します。ただ、人とつながることにささいな喜びを感じないわけではない。そこはかとないつながりのまま友情が芽生えることもあれば、時間をおいて出会い直しが必要な場合もある。人間関係は実に難しいものですが、小説には、現実社会のネガティブな関係の中にもある希望を込めて書いたつもりです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る