小出淫行騒動の真っ最中 狩野英孝に「復帰早すぎる」の声

公開日: 更新日:

 今年1月に女子高生との淫行疑惑で謹慎処分を受けていた狩野英孝(35)が、10日、所属事務所のライブに復帰。翌11日には「久々の舞台、ネタ、めちゃくちゃ緊張したけど、楽しかったです。手や足の震えがお客さんにバレないように、必死に抑えてました」と現場復帰のうれしさをツイートした。

 くしくも9日、小出恵介が狩野と同じく淫行疑惑をフライデーで報じられたばかり。媒体も内容も同じ。この無駄に“神ってる”タイミングに「今、舞台に立たなくても……」とマスコミの反応は冷ややかだ。芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「事務所の処分が甘すぎると印象づける結果となりました。1日に謹慎解除した手前、事務所は引っ込みがつかなかったのかもしれませんが、ドタキャンしてでも出演を取りやめた方がよかったかもしれません」

 5股恋愛発覚では、加藤紗里(26)という売名キャラまで誕生し、“踏み台芸人”として笑って済ませられたが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事