橋爪功の長男は覚醒剤 2世タレントはなぜ薬物に走るのか

公開日: 更新日:

 橋爪功(75)の息子で俳優の橋爪遼容疑者(30)が覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件は、不祥事の相次ぐ2世タレントのイメージをさらに悪化させるものだ。

 覚醒剤では昭和の名優、故若山富三郎、故藤田まこと、三田佳子ら、大物芸能人の2世が過去に逮捕されている。大麻でも元チェッカーズのリーダー武内享の長男と次男、ヒデとロザンナの次男、中村雅俊と五十嵐淳子の長男ら、振り返れば枚挙にいとまがないほど。

 更生している2世も多いが、それにしてもなぜ、2世たちは覚醒剤や大麻など薬物に手を染めてしまうのか。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「ことし1月に亡くなられた松方弘樹さんが仁科亜季子さんと離婚協議中のときのことです。高校生だった次男の仁科克基さんが楽屋に顔を出すと、『おぉ』と、ごく自然に財布を出して、約10万円もの現金を渡されたんですね。克基さんに逮捕歴などありませんし、小遣いを父親からもらったって何の問題もありません。ただ、大物芸能人の2世の皆さんは、おおむね同じような感じで育てられているのです。覚醒剤事件を起こした大女優の次男が逮捕されたとき、高校生だったこの次男の小遣いがなくなると、お手伝いさんが30万円を持って渡しに行っていたという話もあります。親にしてみれば仕事が多忙で普段満足に構ってあげられない分、おカネで埋め合わせをというのでしょうけど、このおカネが悪事を引き寄せてしまうところはあるでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る