• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「君の膵臓をたべたい」が狙う二匹目の“セカチュー”

 公開前から「まるでセカチュー」と話題になっているのが、映画「君の膵臓をたべたい」(28日公開)。累計発行部数180万部を突破した住野よるさんの原作を映画化。高校時代に膵臓の病を抱えるヒロインに出会った主人公の“僕”の、過去と現在である12年後が描かれる青春ドラマだが、その設定は大ヒット映画「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年公開)とかなりかぶっているという。

「『セカチュー』は森山未來が演じた主人公と長澤まさみが演じたヒロインの悲恋と、現在の様子が描かれる。大人になった主人公を大沢たかおが演じ、その恋人は柴咲コウが演じた。一方、『君の―――』は高校時代の“僕”を人気音楽グループ・DISH//の北村匠海が演じ、膵臓病のヒロインを浜辺美波が演じるダブル主演。大人になった“僕”を小栗旬、ヒロインの親友を北川景子が演じるが、ストーリー展開も泣かせ方も『セカチュー』を見た人にとっては既視感たっぷり。ただ、『君の――』のターゲット層の若い女性は『セカチュー』を見たことがない人が大半だから新鮮なのかもしれません」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る