• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
吉川潮
著者のコラム一覧
吉川潮前立川流顧問

1948年8月1日、茨城県真壁郡下館町(現・筑西市)出身。71年立教大学経済学部卒。ルポライターのほか、放送作家として「青島幸男のお昼のワイドショー」などの構成を担当する一方、79年から演芸評論家として演芸評、コラムを書き始める。80年には小説家としてデビューした。落語立川流の顧問であったが、2014年11月に辞任した。

入門3年目で真打ち出世 ラジオの開局ラッシュも重なり…

三遊亭円歌(C)日刊ゲンダイ

 昭和24年4月、米丸は真打ちに昇進した。なんと入門3年のスピード出世である。当時の新聞に「落語界に新風! 大抜擢」と書き立てられた。

「いくら落語家の数が少ない時代とはいっても、異例中の異例ですよ。協会の副会長の桂小文治師匠が推薦してくれたのがきっ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事