• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴールデン街は世界遺産 ドリアン助川さんが見た人生模様

投稿日:

 酒を飲み始めたのは10代。愛知県で有数の進学校に通っていて、二日酔いで定期試験を受けたことがありました。それが先生に見つかったのは一緒に飲んだ友だちが教室の窓からゲェーゲェー吐いたからです。

 先生が「おまえ! 飲んだな? 何を飲んだ?」とスゴイけんまくで怒鳴り始めて、仕方なく「ビールとウイスキーです」と正直に答えたら、「チャンポンはやめとけ!」って(笑い)。そしてある日、国語の先生が「おまえら、東京に行ったらここで飲め!」と言って黒板に書いてくれたのが「新宿ゴールデン街」。

 大学は東京です。忘れもしない82年春。ゴールデン街がどこにあるのかわからなくて、新宿三丁目の交番で聞いてやっと見つけました。その頃はぼったくりバーがいっぱいあったし、路地に椅子を出して店の外で飲んでいる客もいっぱい。学生になったばかりでまだ19歳、友だちと2人だったけど、最初は怖くてどの店にも入れなかった。近所の本屋の店主に「ゴールデン街で飲みたいのだけど、お店を紹介してくれないか」と聞いてやっと初めて入ったのが「安愚楽」という店。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る