二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

竹内涼真 熱愛報道と急速火消しに見たアイドル俳優の試練

公開日: 更新日:

「不倫」が主流をなしていた最近の芸能ニュース。久しぶりに普通の熱愛報道があった。朝ドラ「ひよっこ」で人気が爆発した竹内涼真(24)に地下アイドルと呼ばれるグループの里々佳(22)とのお泊まり愛が発覚。

 かつては、食事だけでも熱愛と報じる時代もあったが、今は通じない。熱愛を証明するには「泊まった」という事実。恋愛適齢期の恋ではごく普通であることも、不倫のような刺激がなく世間の関心は薄いが、熱烈な竹内ファンはネットなどで大騒ぎ。火消しを迫られたように、先日、ドラマの完成試写会に出席した竹内は「ご心配をかけて申し訳ありません。友達の一人です」とファンに向けた謝罪と否定を語った。

 過去にあった人気俳優と変わらない普通の対応。初スキャンダルとはいえ、判で押したような言葉は「言わされている」という感は否めない。今後の2人も何事もなかったように自然消滅するだろうと、容易に想像がつく。不倫は「嘘」「逃げる」など、当人の素が出るから報道も尾を引くが、独身同士の熱愛は「友達」と対応するだけで一件落着。政界のニュースなどの喧騒の中で消えていき、さほどのダメージは残らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る