性の巨匠・武智鉄二の未公開作品「幻日」が神戸で上映

公開日:

 映画史を塗り替えかねない“まぼろし”の未公開作品が発表された。

 昭和エロスの巨匠・武智鉄二(88年死去)。日本映画界の異端児と呼ばれた男が、夏目漱石「夢十夜」をエロチシズムに染め上げ、じっくり手掛けた「幻日」は長い間、行方不明とされていた。それが長い眠りから覚めて今、こつぜんとスクリーンに出現する。

「神戸映画資料館」で22日の午後2時30分から放映されるのである。

 ◇ ◇ ◇ 

 能面職人(内田良平)が、注文の若い能面を彫れず、気分転換に出掛けた街で出会った美女(柴田恒子)に誘われ、夢なのか、それとも現実なのか、摩訶不思議な体験をする。能面職人の妻に武智夫人の川口秀子。美女を連れ去る男には津崎公平。66年に完成したが、これまで一般公開されなかった「幻」の作品だ。

【10月21日(土)】 
13:00「暴行爛熟未亡人」
14:15「いろ乃湯 裸女百態」
15:40トーク①「桃色映画 ズームアップの時代」
17:30「OL初体験 後ろの悦しみ」

【10月22日(日)】 
13:00「色じかけ」
14:30「幻日」
16:00トーク②「発見された『幻日』と歌舞伎界の異端児・武智鉄二の軌跡」
17:50「女湯・女湯・女湯」

「神戸映画資料館」
兵庫県神戸市長田区腕塚町5―5―1 アスタくにづか1番館北棟2階
℡:078・754・8039
info@kobe-eiga.net

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る