• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イシグロ氏と何が違う 村上春樹がノーベル賞取れない理由

 ファンは狂喜乱舞だろう。今年のノーベル文学賞を日系英国人作家で「日の名残り」などの作品で知られるカズオ・イシグロ氏(62)が受賞した。授賞理由は「偉大な感情の力を持つ数々の作品において世界と結び付く、われわれの幻想的感覚を深い根底から見つけ出してきた」というもの。

 イシグロ氏は1954年、長崎市で日本人の両親の元に生まれ、5歳で海洋学者の父らと英国に移住。のちに英国籍を取得した。幼時の日本の記憶を描いた長編デビュー作「遠い山なみの光」(82年)で王立文学協会賞を受賞。89年の「日の名残り」は英国貴族に仕えた執事の半生を描いて英文学界最高の栄誉とされるブッカー賞を受賞、アンソニー・ホプキンス主演で映画化された。05年の「わたしを離さないで」は10年にキャリー・マリガン主演で映画化。昨年、TBSが綾瀬はるか主演で連ドラ放送した。

 ノーベル文学賞といえば、恒例行事のように村上春樹氏の名前が取りざたされ、ファンをがっかりさせている。そんな中、思いもよらぬダークホースが賞をかっさらったわけだ。なぜ村上春樹ではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る