三代目JSBライブに“仕掛け” 購買欲も刺激するLDHマジック

公開日:

 EXILEを中心としたLDHグループで、今一番人気があるグループ「三代目 J Soul Brothers」。9月から12月まで、全23公演(うち追加6公演)のドームツアーを開催するという彼らの魅力を探りにライブに潜入した。

 オープニングは電飾衣装を着たダンサー150人ほどがアリーナをぐるっと囲み、観客を近未来的な世界観に引き込む。するとオーロラビジョンにはストーリー仕立てのムービーが流れ、気持ちが高揚したところでメインステージにメンバーが登場。オープニング早々から花火にレーザー、3曲目には小学生にまで人気の「R.Y.U.S.E.I.」で盛り上げ、すでにエンディングかと思う豪華さだ。

 ライブで驚いたのは、イケメン担当・ガンちゃんこと、岩田剛典(28)がセンターではなかったことだ。ドラマ、CM出演など“三代目の看板”と思いきや、ライブでは他のメンバーの存在感が圧倒的なのだ。リーダーの小林直己(33)の高身長はシルエットだけでもパンチがあり、繊細なジャズダンスのスキルも高い。ELLY(30)のパワー系HIPHOP、NAOTO(34)のセクシーなグルーブなどメンバーの個性が光る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る