日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

社会学者が読み解く 白石麻衣「写真集」異例ヒットの背景

 アイドルグループ乃木坂46のメンバー白石麻衣(24)の写真集「パスポート」(講談社)が2月の発売以来重版を繰り返し、累計発行部数21万部に。通常の写真集は発売後1カ月程度で落ち着く傾向にあるが、そんなデータを打ち破る勢いを今も保っているというのだから、これはもう社会現象だ。白石には「出版界の救世主」との呼び声もあるという。まずは出版関係者の解説。

「乃木坂のプロデュースはAKB48と同じ秋元康ですが、AKBが身近なアイドルなのに対して、乃木坂は高根の花がコンセプト。清純派の美形を揃え、これまでほとんど水着になることもなかった。それが今回白石が初めてランジェリー姿を解禁したんです。それでファンが飛びついた」

 それもヒットの要因だろうが、ヘアヌード写真集の大ブームを知る中高年世代からすれば、露出は控えめ。それに購買者には女性も多く、全てがランジェリー目当てというわけでもないだろう。では大ヒットの背景に何があるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事