プラス材料がズラリ NHK大河「西郷どん」期待大のワケ

公開日:

 大河ドラマ「おんな城主 直虎」が終わった。井伊家のもっと劇的な歴史を描くのかと思ったら、徳川家康の重臣になるまでを描いた中途半端な物語で、史実かどうかも首をひねりたくなるようなエピソードも多く、視聴率も50話平均でワースト3の12・8%だった。

 だから、期待したくなるのが来年の西郷隆盛を描いた「西郷(せご)どん」である。主演の鈴木亮平には大役すぎて一抹の不安があるが、脇を固めるのが瑛太、風間杜夫、渡辺謙、女優は松坂慶子、黒木華、北川景子らで「直虎」に比べたら格段に豪華。西郷どんの話でこれだけの陣容なら、少々脚本がダメでも面白くなる気がするが、脚本を担当するのが中園ミホだから期待が高まるばかり。

「中園の代表作のひとつはテレ朝のドラマ『ドクターX』。終わったばかりの『シーズン5』には関わっていませんが、シリーズの最大の立役者です。林真理子原作の物語を上手に料理して波乱に満ちた“西郷どん”を描いてくれるのでは。それとナレーションが体調不良の市原悦子から西田敏行に代わりましたが、西田はテレ朝の高視聴率番組『人生の楽園』のナレーションを担当しているベテランです。“テレ朝のヒットメーカー”のコンビが関わっているのもプラス材料ですね」(ドラマ関係者)

 1年間の長丁場だけに、「西郷どん」には期待したいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る