プラス材料がズラリ NHK大河「西郷どん」期待大のワケ

公開日:

 大河ドラマ「おんな城主 直虎」が終わった。井伊家のもっと劇的な歴史を描くのかと思ったら、徳川家康の重臣になるまでを描いた中途半端な物語で、史実かどうかも首をひねりたくなるようなエピソードも多く、視聴率も50話平均でワースト3の12・8%だった。

 だから、期待したくなるのが来年の西郷隆盛を描いた「西郷(せご)どん」である。主演の鈴木亮平には大役すぎて一抹の不安があるが、脇を固めるのが瑛太、風間杜夫、渡辺謙、女優は松坂慶子、黒木華、北川景子らで「直虎」に比べたら格段に豪華。西郷どんの話でこれだけの陣容なら、少々脚本がダメでも面白くなる気がするが、脚本を担当するのが中園ミホだから期待が高まるばかり。

「中園の代表作のひとつはテレ朝のドラマ『ドクターX』。終わったばかりの『シーズン5』には関わっていませんが、シリーズの最大の立役者です。林真理子原作の物語を上手に料理して波乱に満ちた“西郷どん”を描いてくれるのでは。それとナレーションが体調不良の市原悦子から西田敏行に代わりましたが、西田はテレ朝の高視聴率番組『人生の楽園』のナレーションを担当しているベテランです。“テレ朝のヒットメーカー”のコンビが関わっているのもプラス材料ですね」(ドラマ関係者)

 1年間の長丁場だけに、「西郷どん」には期待したいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る