斉藤由貴代役でNHK大河に 南野陽子は“ダメ夫”が不安材料

公開日:

 不倫で来年の大河ドラマ「西郷どん」を降板した斉藤由貴(51)の代役として、南野陽子(50)を起用するNHK関係者は「よもや斉藤の二の舞いにはなるまいな」と舞台裏で言っているのではないか。

 南野の大河出演は1988年の「武田信玄」以来30年ぶり、2度目。NHKでは、Eテレ「にっぽんの芸能」の司会を2016年まで務めたほか、BSプレミアムのドラマなどにも出演している。そうした事情もNHKによる斉藤の後任探しに影響した可能性がありそうだ。

 ただし、スポーツ紙の芸能担当記者はこう言うのだ。

「ナンノさんは東京湾岸の高層マンションに住んでいますが、別居説や離婚説がくすぶっています。2011年、当時43歳のナンノさんが結婚したバツイチ男性は、浮気や金銭トラブルなどが相次いで報じられている人物。ナンノさんは焼き肉店で意気投合した勢いで結婚してしまったとされ、出会った当初、相手の男性はまだ前妻との離婚が成立していなかったとか。結婚後も銀座のママとの不倫疑惑が報じられたこともありました。夫婦喧嘩も激しくて、マンションに警察が駆けつけたこともあるとか。当初から周囲は結婚に反対で、早く清算すべきという声が多いようです。離婚の発表はまだありませんが、いつあっても不思議じゃないとみられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る