斉藤由貴代役でNHK大河に 南野陽子は“ダメ夫”が不安材料

公開日: 更新日:

 不倫で来年の大河ドラマ「西郷どん」を降板した斉藤由貴(51)の代役として、南野陽子(50)を起用するNHK関係者は「よもや斉藤の二の舞いにはなるまいな」と舞台裏で言っているのではないか。

 南野の大河出演は1988年の「武田信玄」以来30年ぶり、2度目。NHKでは、Eテレ「にっぽんの芸能」の司会を2016年まで務めたほか、BSプレミアムのドラマなどにも出演している。そうした事情もNHKによる斉藤の後任探しに影響した可能性がありそうだ。

 ただし、スポーツ紙の芸能担当記者はこう言うのだ。

「ナンノさんは東京湾岸の高層マンションに住んでいますが、別居説や離婚説がくすぶっています。2011年、当時43歳のナンノさんが結婚したバツイチ男性は、浮気や金銭トラブルなどが相次いで報じられている人物。ナンノさんは焼き肉店で意気投合した勢いで結婚してしまったとされ、出会った当初、相手の男性はまだ前妻との離婚が成立していなかったとか。結婚後も銀座のママとの不倫疑惑が報じられたこともありました。夫婦喧嘩も激しくて、マンションに警察が駆けつけたこともあるとか。当初から周囲は結婚に反対で、早く清算すべきという声が多いようです。離婚の発表はまだありませんが、いつあっても不思議じゃないとみられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  7. 7

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る