大河は無事撮了 柴咲コウが乗り出す「おんなCEO」の勝算

公開日:  更新日:

 女優の柴咲コウ(36)が11日、浜松市内で、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の撮影をクランクアップした。昨年9月から1年以上の長丁場にも関わらず、「体力があり余っています。あと1年くらいできそう」とコメント。報道陣からもう一度大河の主役を依頼されたら、の問いにも「もちろん、やりたいです」と余裕の笑顔を見せた。

「直虎」は昨年の「真田丸」には劣るものの、視聴率は11%から12%台をキープし堅調。直虎の地元・浜松市も直虎詣でに賑わっている。NHKの連ドラといえば現場がハードで知られ、吉高由里子(29)は、NHKの朝ドラ「花子とアン」主演から紅白司会までこなし、「燃え尽き症候群」でその後半年以上休業していたというほど。

 一昨年の大河「花燃ゆ」は視聴率低迷で主演の井上真央(30)が戦犯として叩かれたりと、肉体的にも精神的にも追い込まれることがしばしばだ。柴咲のように余裕で終えられたのはかなりレアケースといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る