大河は無事撮了 柴咲コウが乗り出す「おんなCEO」の勝算

公開日:  更新日:

 女優の柴咲コウ(36)が11日、浜松市内で、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の撮影をクランクアップした。昨年9月から1年以上の長丁場にも関わらず、「体力があり余っています。あと1年くらいできそう」とコメント。報道陣からもう一度大河の主役を依頼されたら、の問いにも「もちろん、やりたいです」と余裕の笑顔を見せた。

「直虎」は昨年の「真田丸」には劣るものの、視聴率は11%から12%台をキープし堅調。直虎の地元・浜松市も直虎詣でに賑わっている。NHKの連ドラといえば現場がハードで知られ、吉高由里子(29)は、NHKの朝ドラ「花子とアン」主演から紅白司会までこなし、「燃え尽き症候群」でその後半年以上休業していたというほど。

 一昨年の大河「花燃ゆ」は視聴率低迷で主演の井上真央(30)が戦犯として叩かれたりと、肉体的にも精神的にも追い込まれることがしばしばだ。柴咲のように余裕で終えられたのはかなりレアケースといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る