柴咲コウは引っ越し…歴代大河主演が実践した成功の秘訣

公開日:

「集中力をどうやって保てるかが大事。私は小さな部屋に引っ越しました(苦笑い)」

 と、アドバイスを送ったのは「おんな城主 直虎」に出演中の柴咲コウ(36)。30日に行われたNHK大河のバトンタッチセレモニーである。来年1月スタートの「西郷どん」主演の鈴木亮平(34)から1年半近くに及ぶ撮影の“極意”を尋ねられ、冒頭のように明かしたのだが、なかなか大胆である。

 料理好きを公言する柴咲だけに、あえて「キッチンの狭い部屋に移り住み、セリフを覚えて寝るだけの空間にした。そこからNHKに通っていた」んだとか。それはもうストイックかつ真摯に役に向き合う姿勢はリッパだが、シングルの柴咲とは異なり、妻と6歳の娘がいる鈴木にはハードルが高い。ちなみに歴代の大河主役がどんな策を講じていたのかといえば、それぞれのバトンタッチセレモニーで披露したのは、こんな具合――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る