「欽どこ」お母さん・真屋順子さん死去 相次ぐ闘病の末

公開日:

 昭和を代表する女優のひとり、真屋順子(本名・高津詔子)さんが長い闘病生活の末、昨年12月28日に死去していたことが分かった。75歳。葬儀・告別式はすでに近親者のみで行った。

 大分県出身。1976年から10年間にわたって放送されたテレビ朝日系の高視聴率番組「欽ちゃんのどこまでやるの!?(欽どこ)」のお母さん役でレギュラー出演し、人気を博した。

 69年にドラマで共演した俳優の高津住男さんと結婚。2000年以降は次々に難病に襲われ、苦しい闘病の晩年だった。00年に脳出血で倒れ、左半身まひなど後遺症が生じた。04年、脳梗塞を発症。10年には高津さんが亡くなり、心不全に。11年には大動脈瘤が見つかり、大手術を受けた。

 昨年7月、TBSテレビ系「爆報!THEフライデー」に出演、ほぼ寝たきり状態になっていたことを明らかにした。これが最後のメディア出演となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る