安室&桑田登場も…NHK紅白“40%割れ”専門家はどう見た?

公開日:

 NHK関係者には大ショックの正月となってしまった。大晦日の紅白歌合戦で、第2部(午後9時~)の平均視聴率が関東地区で39.4%、関西地区で39.6%となり、関東は前年の40.2%を下回り、歴代ワースト3位という不名誉な記録を打ち立ててしまった。

 今回の2部は引退を表明している安室奈美恵(40)や桑田佳祐(61)の登場もあり、「50%の大台復活も狙える」と大いに盛り上がっていたが、ビデオリサーチ社の発表した数字はまさかの40%割れ。関係者は総じてガックリで、「安室さんと桑田さんでも駄目なのか」などと、落胆の声が上がっている。芸能リポーターの城下尊之氏は、こう分析する。

「数字はともかく、とてもよくできていた番組だったと思います。総合司会の内村光良さんがちょっとのアドリブをうまく入れながら、自由で、小気味よく、多くの視聴者の方々が絶賛している通りでしたし、そんな内村さんに白組司会の二宮和也さんが上手に合いの手を入れつつ、きっちりと進行時間を管理していた。ニノ(二宮)のプロの仕事がとりわけ印象的でした。有村架純さんは花を添え、司会陣のキャスティングだけでも、最近の紅白と比べても秀逸だったと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る