安室&桑田登場も…NHK紅白“40%割れ”専門家はどう見た?

公開日:

 NHK関係者には大ショックの正月となってしまった。大晦日の紅白歌合戦で、第2部(午後9時~)の平均視聴率が関東地区で39.4%、関西地区で39.6%となり、関東は前年の40.2%を下回り、歴代ワースト3位という不名誉な記録を打ち立ててしまった。

 今回の2部は引退を表明している安室奈美恵(40)や桑田佳祐(61)の登場もあり、「50%の大台復活も狙える」と大いに盛り上がっていたが、ビデオリサーチ社の発表した数字はまさかの40%割れ。関係者は総じてガックリで、「安室さんと桑田さんでも駄目なのか」などと、落胆の声が上がっている。芸能リポーターの城下尊之氏は、こう分析する。

「数字はともかく、とてもよくできていた番組だったと思います。総合司会の内村光良さんがちょっとのアドリブをうまく入れながら、自由で、小気味よく、多くの視聴者の方々が絶賛している通りでしたし、そんな内村さんに白組司会の二宮和也さんが上手に合いの手を入れつつ、きっちりと進行時間を管理していた。ニノ(二宮)のプロの仕事がとりわけ印象的でした。有村架純さんは花を添え、司会陣のキャスティングだけでも、最近の紅白と比べても秀逸だったと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る