• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高田純次に聞いた 「じゅん散歩」で気に入った街ベスト5

「じゅん散歩」は2015年9月28日に「有楽町」からスタート。これまでに約500カ所の街やそこに住む人々を紹介してきた。その中でも、思い出に残る「じゅん散歩ベスト5」を高田に聞いてみた。

【1位】調布・国領

「思い出といわれても、最近は日常的にボケちゃっているから思い出せないなあ。店だって一歩外に出ると何を食べたか忘れちゃってるもの。まあ、どの街も印象に残っているけど、あえて挙げるとしたら、やっぱり地元の調布や国領町かな。調布駅は線路が地下化されて昔の面影はすっかりなくなってしまった。でも、同級生が今も暮らしているからね。街の風景が変わってしまうのはさみしい気もするけど、記憶の中では永遠に消えないしね。ホラッ、この調布警察署は、昔は向かいの別の所にあったんだよ。よくお世話になってたなぁ……。ウソだけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る