今度は鈴木雅之が40代美魔女と 不倫報道の勝者なきバトル

公開日:

 ラッツ&スターのボーカルとして一世を風靡した歌手・鈴木雅之(61)が糟糠の妻と40代美魔女との「二重愛生活」を送っていると、女性自身に報じられた。小室哲哉(59)に続く、新たな芸能人の不倫疑惑である。

 ところが、不倫疑惑を機に引退表明した小室への同情論もあって、ワイドショーなどでは芸能人の不倫を報じるマスコミの姿勢を声高に問う展開になっている。

 カンニング竹山(46)は小室の疑惑を報じた週刊文春に対し「どれくらい部数がいったか分からないけどおまえのとこしか得しねえんだからやめとけってことよね」とコメントし、共感を集めているようだが、ある芸能プロ幹部はこう言う。

「藤吉久美子さんの不倫報道の際、ワイドショーが突っ込んで報じなかったのは相手が自分たちと同業のプロデューサーだったから。報道といっても実は偏向があり、自分たちに都合の悪いことは扱わないのがマスコミの習性。たかが不倫で引退にまで追い込まれる今の状況はあきらかに行き過ぎなだけに、音楽関係者の間では、週刊誌の編集長や幹部クラスの私生活を探偵に追わせて不倫のシッポをつかまえ、またぞろ暴露記事を出したら、証拠写真をネットにさらして報復するしかないという強硬論まで飛び出している」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る