上原多香子 恋人演出の舞台に届いたAVメーカーからの祝札

公開日: 更新日:

 元SPEEDの上原多香子(35)と交際中の演出家コウカズヤ(40)の作・演出による舞台が話題だ。

 東京・下北沢駅前劇場で17日から23日まで公演の「昏闇の色」。稽古中は上原が自転車に乗って栄養ドリンクなどを差し入れていたというから、私生活は幸せにみえる一方で、舞台は「とにかく暗い」ともっぱらなのである。

「不妊治療中の夫婦とその姑との争いや、五輪開催へ向けた道路拡張で立ち退きに遭う人、不倫、婚外子、借金苦などの時事ネタを盛り込み、スリリングに展開していく作品なのですが、コウ氏が自らの心の闇をぶちまけたような内容なのです。SNSで、有名人を誹謗中傷する匿名の人々への怒りを韓流系イケメンがあらわにするシーンは、上原さんや、上原さんとの私生活についてあることないこと言われていることへの怒りを連想させ、会場がざわついていました」(芸能プロデューサーの野島茂朗氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

もっと見る