公益性と公共性は 小室引退が突き付けた“不倫報道の是非”

公開日: 更新日:

 音楽プロデューサー・小室哲哉(59)の引退表明で、不倫疑惑を報じた週刊文春へのバッシングが巻き起こっている。

 18日発売号で看護師の女性との関係を報じた同誌に対し、タレントのエハラマサヒロ(35)は「雑誌がまた一人の天才を殺しました」とツイート。またホリエモンこと堀江貴文氏(45)が「クソ文春と言っていたら効いてきたみたい。周りの若いタレントさんも応援してくれている。みんなで文春叩きましょう」とバッシングをあおっていることもあり、週刊文春の公式ツイッター「文春砲(文春くん公式)」には批判コメントが殺到し、炎上状態だ。

 その矢面に立っている文春の担当記者は21日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」にVTRで出演。「ご本人が言われたことと我々が取材したことに違う部分が多くあります。それは記事を見ていただければ分かると思う。絶対の自信があります」としつつ、小室の引退発表については「率直には本当に残念だ」と胸中を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る