妻KEIKOの介護に専念…小室哲哉の印税収入はどのくらい?

公開日:  更新日:

 不倫騒動の責任を取って引退を表明した小室哲哉(59)。会見では、認知症をもたらす高次脳機能障害を患っている妻のKEIKO(45)の介護問題も飛び出た。

 引退後も終わりの見えない妻の介護に忙殺されることになるが、現在は1年のうち約3カ月は大分県にあるKEIKOの実家で親族が介護し、残りの期間を小室が事務所スタッフと面倒をみている。専門家によると、高次脳機能障害の在宅介護は配偶者1人では難しく、施設入所や他人の手助けが必要だという。

 それだけに今後もスタッフらの手を借りることになりそうだが、その人件費である高額支出を埋めるだけの収入はあるのだろうか。

 引退後の小室の主な収入源となりそうなのが、JASRAC(日本音楽著作権協会)から入る「作詞・作曲」の分配金とみられる。以前は原盤権も所有していたが、15億円以上ともいわれた借金返済のため多くを売却したとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る