登坂アナ降板…女子アナも枯渇で元局員頼みのフジの苦悩

公開日: 更新日:

 4月からスタートする新ニュース番組「プライムニュース」のメインキャスターに就任予定だった元NHKの“麿”ことフリーアナウンサー、登坂淳一氏(46)について、フジテレビは26日、起用を取りやめたと発表した。週刊文春で過去のセクハラ疑惑が報じられたことを受け、登坂アナから出演辞退の申し出があったという。

 華と実力を併せ持つ女子アナが枯渇状態のため、外部から登坂アナを招聘したにもかかわらず、出足から蹴つまずいたフジテレビ。

 同じく週刊文春に、40代妻子持ちプロデューサーとの不倫密会が報じられた秋元優里アナ(34)の代役として「ワイドナショー」に出演している山崎夕貴アナ(30)に対してもこんな声が上がっている。

「山崎アナにも結婚秒読みと報じられたお笑いタレントおばたのお兄さんの不倫疑惑という爆弾がある。とにかく、内部は女子アナのやりくりで四苦八苦。最近ではアナウンス室から営業局への異動を機に退社した中村仁美アナ(38)がフリーになって活動をはじめていますが、中村アナや同じく元フジで現在フリーの加藤綾子(32)らを積極起用しないと回らない。自己都合で辞めていった元社員たちにかつての何倍ものギャラを提示して戻ってもらうほどの悪循環はない」(前出のフジ局員)

 視聴率低迷からの復活を目指し社長も交代したフジテレビ。しかし、お台場はまだまだ厳冬の最中。春は果てしなく遠い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?