• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京進出2年半でレギュラー7本 川田裕美アナはなぜモテる

 フリーアナウンサーの川田裕美(34)が4日、「セブン―イレブン・ジャパン 2017新作“冬アイス”発表会」に登壇した。前日も夕食後にアイスを3コ食べたという川田は、新作のマカロンアイスのおいしさについて熱く語り、「大好きなあんこをトッピングして食べたい」と語った。

 川田のあんこ好きが変だと気付いたのは宮根誠司(54)の指摘だった。

「あんこをカンカンごと食べて……って話したら『それ、おかしいで!』って言われて初めて気が付きました」と天然ぶりを発揮。局アナからフリーになると尻すぼみになるパターンが多い中、川田は東京に進出して2年半で7本のレギュラーを持つ人気ぶりである。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「水卜麻美アナと同じ、『女子アナ=高嶺の花』のイメージを変えたひとり。宮根さんのアシスタントとして腕もあるし、関西人らしい笑いもとれる。そんな実力とナチュラルさがじわじわと評価されてきたのです。それでいて男性にモテる“どこか真面目そう”で神秘的なところもある。ぎこちないスキップをする姿は男性からすると、真面目でしっかり者、家庭を預けておいて安心に見える。まさにニュータイプの『お嫁さんにしたい女子アナ』でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る