東京進出2年半でレギュラー7本 川田裕美アナはなぜモテる

公開日:

 フリーアナウンサーの川田裕美(34)が4日、「セブン―イレブン・ジャパン 2017新作“冬アイス”発表会」に登壇した。前日も夕食後にアイスを3コ食べたという川田は、新作のマカロンアイスのおいしさについて熱く語り、「大好きなあんこをトッピングして食べたい」と語った。

 川田のあんこ好きが変だと気付いたのは宮根誠司(54)の指摘だった。

「あんこをカンカンごと食べて……って話したら『それ、おかしいで!』って言われて初めて気が付きました」と天然ぶりを発揮。局アナからフリーになると尻すぼみになるパターンが多い中、川田は東京に進出して2年半で7本のレギュラーを持つ人気ぶりである。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「水卜麻美アナと同じ、『女子アナ=高嶺の花』のイメージを変えたひとり。宮根さんのアシスタントとして腕もあるし、関西人らしい笑いもとれる。そんな実力とナチュラルさがじわじわと評価されてきたのです。それでいて男性にモテる“どこか真面目そう”で神秘的なところもある。ぎこちないスキップをする姿は男性からすると、真面目でしっかり者、家庭を預けておいて安心に見える。まさにニュータイプの『お嫁さんにしたい女子アナ』でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る