東京進出2年半でレギュラー7本 川田裕美アナはなぜモテる

公開日:

 フリーアナウンサーの川田裕美(34)が4日、「セブン―イレブン・ジャパン 2017新作“冬アイス”発表会」に登壇した。前日も夕食後にアイスを3コ食べたという川田は、新作のマカロンアイスのおいしさについて熱く語り、「大好きなあんこをトッピングして食べたい」と語った。

 川田のあんこ好きが変だと気付いたのは宮根誠司(54)の指摘だった。

「あんこをカンカンごと食べて……って話したら『それ、おかしいで!』って言われて初めて気が付きました」と天然ぶりを発揮。局アナからフリーになると尻すぼみになるパターンが多い中、川田は東京に進出して2年半で7本のレギュラーを持つ人気ぶりである。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「水卜麻美アナと同じ、『女子アナ=高嶺の花』のイメージを変えたひとり。宮根さんのアシスタントとして腕もあるし、関西人らしい笑いもとれる。そんな実力とナチュラルさがじわじわと評価されてきたのです。それでいて男性にモテる“どこか真面目そう”で神秘的なところもある。ぎこちないスキップをする姿は男性からすると、真面目でしっかり者、家庭を預けておいて安心に見える。まさにニュータイプの『お嫁さんにしたい女子アナ』でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る