ショーンK、秋元優里の次は登坂アナ…フジ報道は決壊危機

公開日:

「今はホリプロ、広告代理店と緊急協議の真っ最中。ショーンKとか、なんでうちばかり“ババ”を掴むんだというのが本音ですが、間違いなく開局以来のピンチ。本当にヤバイ状況です」――。

 フジテレビ局員がこううなだれるのも無理はない。春の大改編を控えるお台場に激震が走っている。26日、フジは4月からスタートする新ニュース番組「プライムニュース」のメインキャスター就任が予定されていた元NHKの“麿”ことフリーアナウンサー、登坂淳一氏(46)の起用を取りやめることを発表した。

 週刊文春が報じた過去のセクハラ問題を受け、登坂アナから出演辞退の申し入れがあったという。そんな不測の事態に、ハチの巣をつついたような騒ぎも当然だろう。

 同誌によると登坂アナはNHK時代の11年6月、番組の打ち上げで女性新人キャスターの体を触ったり、トイレまで追いかけてキスを迫るなどやりたい放題。女性が勇気を振り絞って告発し、登坂アナは厳重注意を受けたという。そんなスネに傷ありの“麿”を新番組MCに起用しようとした結果が、今回のありさまだ。前出のフジ局員が嘆くのも無理はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る