• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレ朝から消えた相撲ネタ…AD文書偽造で協会とトラブル

 今週金曜の日本相撲協会の理事候補選に向け、角界報道は再びエスカレートだ。4年前に発生した春日野部屋の傷害事件を協会が公表してこなかった問題も発覚。民放のワイドショーは連日、角界の話題を大きく取り上げているが、実は一局だけ静観を決め込んでいる。テレビ朝日である。

 29日午前の「羽鳥慎一モーニングショー」も、お昼の「ワイド!スクランブル」も相撲の話題は1秒たりとも伝えなかった。他局の情報番組が角界の不祥事を散々騒ぎ立てているにもかかわらずだ。

「相撲協会とのトラブルが番組内容に影響を与えているのは間違いありません」とは、民放関係者だ。こう続ける。

「実は『ワイド!スクランブル』のADが、相撲協会の映像使用許諾に関わる承認書類を『偽造』していたのです。今月17日の放送に向けて、番組で保管していた過去の書類の協会側の決裁印の日付や放送予定日などを改ざん。17日は1月場所中で民放は場所中の取り組みなどの映像は原則、報道目的で取り組み1番のみしか流せません。なのに、ワイドショーに映像の使用許可が降りているのを不審に思ったテレ朝のスポーツ局が協会側に確認したところ、許可を出しておらずADの偽造が発覚したのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る