テレ朝から消えた相撲ネタ…AD文書偽造で協会とトラブル

公開日:  更新日:

 今週金曜の日本相撲協会の理事候補選に向け、角界報道は再びエスカレートだ。4年前に発生した春日野部屋の傷害事件を協会が公表してこなかった問題も発覚。民放のワイドショーは連日、角界の話題を大きく取り上げているが、実は一局だけ静観を決め込んでいる。テレビ朝日である。

 29日午前の「羽鳥慎一モーニングショー」も、お昼の「ワイド!スクランブル」も相撲の話題は1秒たりとも伝えなかった。他局の情報番組が角界の不祥事を散々騒ぎ立てているにもかかわらずだ。

「相撲協会とのトラブルが番組内容に影響を与えているのは間違いありません」とは、民放関係者だ。こう続ける。

「実は『ワイド!スクランブル』のADが、相撲協会の映像使用許諾に関わる承認書類を『偽造』していたのです。今月17日の放送に向けて、番組で保管していた過去の書類の協会側の決裁印の日付や放送予定日などを改ざん。17日は1月場所中で民放は場所中の取り組みなどの映像は原則、報道目的で取り組み1番のみしか流せません。なのに、ワイドショーに映像の使用許可が降りているのを不審に思ったテレ朝のスポーツ局が協会側に確認したところ、許可を出しておらずADの偽造が発覚したのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る