元横綱親方2人に聞いた 休場の稀勢の里「再起」へのヒント

公開日:

「体も心も作り直さないといけない」

 大相撲1月場所6日目の19日、左大胸筋損傷の疑い、左前胸部打撲で休場した稀勢の里(31)について、師匠の田子ノ浦親方はこう言った。これで5場所連続休場。状態が深刻なのは間違いないが、横綱の「体と心」はどうやって作り直せばいいのか。22日、理事長懇話会に出席した八角親方(54=元横綱北勝海)と芝田山親方(55=元横綱大乃国)に聞いた。

■「リハビリは稽古よりつらかった」

 八角親方は横綱昇進2年目の88年、5月場所14日目の取組前に腰痛を悪化させ、翌日の千秋楽は自身初の不戦敗・休場。その後も腰痛は回復せず、7月場所から3場所連続の休場を余儀なくされた。

「横断歩道で青信号になっても、10メートル歩けなかった。1カ月間はほぼ寝たきり。その間に筋肉も衰えた。当時、九州の鍼の先生の世話になっていたので、行けば治るだろうと思ったのですが、車と飛行機を乗り継いで九州まで行く自信がなかったのです。病院でマッサージと痛みを和らげる治療を続けました。けど、良くならない。足腰は重たいし、四股を踏むどころか歩けないのですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る