• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元横綱親方2人に聞いた 休場の稀勢の里「再起」へのヒント

「体も心も作り直さないといけない」

 大相撲1月場所6日目の19日、左大胸筋損傷の疑い、左前胸部打撲で休場した稀勢の里(31)について、師匠の田子ノ浦親方はこう言った。これで5場所連続休場。状態が深刻なのは間違いないが、横綱の「体と心」はどうやって作り直せばいいのか。22日、理事長懇話会に出席した八角親方(54=元横綱北勝海)と芝田山親方(55=元横綱大乃国)に聞いた。

■「リハビリは稽古よりつらかった」

 八角親方は横綱昇進2年目の88年、5月場所14日目の取組前に腰痛を悪化させ、翌日の千秋楽は自身初の不戦敗・休場。その後も腰痛は回復せず、7月場所から3場所連続の休場を余儀なくされた。

「横断歩道で青信号になっても、10メートル歩けなかった。1カ月間はほぼ寝たきり。その間に筋肉も衰えた。当時、九州の鍼の先生の世話になっていたので、行けば治るだろうと思ったのですが、車と飛行機を乗り継いで九州まで行く自信がなかったのです。病院でマッサージと痛みを和らげる治療を続けました。けど、良くならない。足腰は重たいし、四股を踏むどころか歩けないのですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る