元横綱親方2人に聞いた 休場の稀勢の里「再起」へのヒント

公開日: 更新日:

「体も心も作り直さないといけない」

 大相撲1月場所6日目の19日、左大胸筋損傷の疑い、左前胸部打撲で休場した稀勢の里(31)について、師匠の田子ノ浦親方はこう言った。これで5場所連続休場。状態が深刻なのは間違いないが、横綱の「体と心」はどうやって作り直せばいいのか。22日、理事長懇話会に出席した八角親方(54=元横綱北勝海)と芝田山親方(55=元横綱大乃国)に聞いた。

■「リハビリは稽古よりつらかった」

 八角親方は横綱昇進2年目の88年、5月場所14日目の取組前に腰痛を悪化させ、翌日の千秋楽は自身初の不戦敗・休場。その後も腰痛は回復せず、7月場所から3場所連続の休場を余儀なくされた。

「横断歩道で青信号になっても、10メートル歩けなかった。1カ月間はほぼ寝たきり。その間に筋肉も衰えた。当時、九州の鍼の先生の世話になっていたので、行けば治るだろうと思ったのですが、車と飛行機を乗り継いで九州まで行く自信がなかったのです。病院でマッサージと痛みを和らげる治療を続けました。けど、良くならない。足腰は重たいし、四股を踏むどころか歩けないのですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  9. 9

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る