貴乃花親方の“本場所潰し”に執行部&親方衆大ブーイング

公開日:

 例えばプロ野球界には日本シリーズの最中、人事や補強に関する発表を避けようという不文律がある。日本一球団を決める球界最大のイベントに水を差してはならないという各球団の配慮からだ。たとえ慶事であっても、日本シリーズの前後に発表するのが通例になっている。

 角界で日本シリーズに相当するのは、年6回の本場所だろう。相撲協会の八角理事長も、「何より本場所の充実」と言っている。そんな本場所の最中に、次から次へと話題を提供し続けているのが貴乃花親方(45)だ。

■ネットで弟子の近況報告、診断書提出

 現在行われている1月場所4日目、17日付のホームページで、暴行事件の被害者である弟子の貴ノ岩(27)が3月場所の復帰を目指していることを明らかにした。貴乃花親方が貴ノ岩の様子などに関して公の場で説明したのは初めてのこと。当然のことながら、反響は大きかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る