制作費「ドクターX」超えも…キムタク「BG」はコスパ悪し

公開日:  更新日:

 視聴率が判明した瞬間、テレビ朝日局内には、歓声と落胆、両方のどよめきが湧き起こったという。元SMAP木村拓哉(45)の主演ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜21時)の視聴率に“局内総出”で一喜一憂しているというのだ。

 その視聴率は初回15・7%、第2回も15・1%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)と、ともに及第点とされる15%超。だが、“天下のキムタクドラマ”である。手放しで喜べる数字ではないようで、「もちろん今のフジテレビだったら“御の字”でしょうが、ドラマで勝負しているウチにしてみたら正直、ビミョー。キムタクが主演なら15%超えはある意味、当たり前であり、むしろ20%オーバーを実現してくれるのではと期待していた局員は多い」(テレ朝関係者)という。

 ことさら期待のハードルが高いのは、前クールが米倉涼子(42)主演の「ドクターX~外科医・大門未知子」だったことにも起因する。人気シリーズの第5弾で初回20%超のスタートダッシュは織り込み済みだったとはいえ、その後も堅調に全9話で平均20%超をマークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る