碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

「BG~身辺警護~」キムタク支える井上脚本と七髙剛監督

公開日: 更新日:

 木村拓哉主演「BG~身辺警護人~」は井上由美子のオリジナル脚本だ。井上は「GOOD LUCK!!」(TBS系)、「エンジン」(フジテレビ系)など、木村の主演ドラマを何本も手掛けてきたベテラン。久しぶりのタッグの舞台がテレビ朝日という点に注目だ。

 2015年、木村はテレ朝の「アイムホーム」で主演を務めた。このとき、不安定な立場と複雑な心境に陥った男を見事に演じてみせた。これで俳優・木村拓哉が確立するかと思いきや、次に主演した「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)が脚本の凡庸さもあり、再び“キムタクドラマ”へと後退してしまったのだ。

 そして今回の「BG」である。まず、刑事ドラマならぬ「警護ドラマ」としての骨格がしっかりしている。同じボディーガードでも、警視庁のSPと違って民間警護人には捜査権がない。また銃などの武器も持てない。そのハンディをどう補い、いかにして対象者を守るのかが見どころだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る