登坂アナはなぜNHKで延命を セクハラもみ消す企業の手口

公開日:

 やっぱりか。1月11日にNHKを退職してフリーに転身した登坂淳一アナ(46)に降って湧いた古巣でのセクハラ疑惑。本人は否定するが、疑惑を報じた「週刊文春」の発売日に、起用が決まっていたフジの番組を自ら辞退している。そう思われても仕方ないだろう。

 そこで気になるのが、NHKの情報管理能力。登坂アナをめぐっては「常習犯説」が浮上し、フジにまで波及。フジの現場では「女癖の悪い男を抜擢するのはマズイ」と起用に反対する人もいたという。それでもNHK時代は、視聴者には“麿”のイメージで“延命”を続けていた。ある意味、NHKの“情報管理能力”もスゴイだろう。

■「信用が命」の企業には致命傷

「私もそう思いました」と言うのは、ブラック企業アナリストの新田龍氏。セクハラやパワハラの被害者から相談を受けるお助けマンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る