• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

登坂アナはなぜNHKで延命を セクハラもみ消す企業の手口

 やっぱりか。1月11日にNHKを退職してフリーに転身した登坂淳一アナ(46)に降って湧いた古巣でのセクハラ疑惑。本人は否定するが、疑惑を報じた「週刊文春」の発売日に、起用が決まっていたフジの番組を自ら辞退している。そう思われても仕方ないだろう。

 そこで気になるのが、NHKの情報管理能力。登坂アナをめぐっては「常習犯説」が浮上し、フジにまで波及。フジの現場では「女癖の悪い男を抜擢するのはマズイ」と起用に反対する人もいたという。それでもNHK時代は、視聴者には“麿”のイメージで“延命”を続けていた。ある意味、NHKの“情報管理能力”もスゴイだろう。

■「信用が命」の企業には致命傷

「私もそう思いました」と言うのは、ブラック企業アナリストの新田龍氏。セクハラやパワハラの被害者から相談を受けるお助けマンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る