ポスト登坂アナの本命は? “同情”狙いで生田竜聖の名前も

公開日: 更新日:

「うちのアナウンス室には適任者がいない。プロダクション各所にお伺いを立ててもどこも首を縦に振らない。池上彰さん? どだい無理な話。お手上げ状態です……」

 と、“降参ポーズ”で天を仰ぐのはフジテレビ関係者だ。「麿」の愛称で親しまれ、全国区の知名度を誇る実力派アナウンサー、元NHKの登坂淳一氏(46)のセクハラ疑惑が報じられて1週間足らず。フジは“登坂ショック”に大揺れだ。

 そりゃあ、そうだろう。4月から鳴り物入りでスタートする報道番組「プライムニュース(仮)」(平日16時50分)で、フリーになりたての登坂アナをキャスターに起用すると告知した直後の辞退発表。学歴詐称により新番組開始直前に降板したショーンKの前轍を踏む失態を演じたわけで、「呪われているとしか言いようがない。局内には社長はじめ上層部におはらいを勧める声が上がっている」(前出のフジ関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る