ポスト登坂アナの本命は? “同情”狙いで生田竜聖の名前も

公開日: 更新日:

「うちのアナウンス室には適任者がいない。プロダクション各所にお伺いを立ててもどこも首を縦に振らない。池上彰さん? どだい無理な話。お手上げ状態です……」

 と、“降参ポーズ”で天を仰ぐのはフジテレビ関係者だ。「麿」の愛称で親しまれ、全国区の知名度を誇る実力派アナウンサー、元NHKの登坂淳一氏(46)のセクハラ疑惑が報じられて1週間足らず。フジは“登坂ショック”に大揺れだ。

 そりゃあ、そうだろう。4月から鳴り物入りでスタートする報道番組「プライムニュース(仮)」(平日16時50分)で、フリーになりたての登坂アナをキャスターに起用すると告知した直後の辞退発表。学歴詐称により新番組開始直前に降板したショーンKの前轍を踏む失態を演じたわけで、「呪われているとしか言いようがない。局内には社長はじめ上層部におはらいを勧める声が上がっている」(前出のフジ関係者)。

 とまあ、後任探しに四苦八苦しているフジの代わりに“ポスト登坂”を大胆予想――。コラムニストの桧山珠美氏の一押しは、「局アナの生田竜聖。生田アナこそ救世主に適任!」と猛プッシュする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか