• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ポスト登坂アナの本命は? “同情”狙いで生田竜聖の名前も

「うちのアナウンス室には適任者がいない。プロダクション各所にお伺いを立ててもどこも首を縦に振らない。池上彰さん? どだい無理な話。お手上げ状態です……」

 と、“降参ポーズ”で天を仰ぐのはフジテレビ関係者だ。「麿」の愛称で親しまれ、全国区の知名度を誇る実力派アナウンサー、元NHKの登坂淳一氏(46)のセクハラ疑惑が報じられて1週間足らず。フジは“登坂ショック”に大揺れだ。

 そりゃあ、そうだろう。4月から鳴り物入りでスタートする報道番組「プライムニュース(仮)」(平日16時50分)で、フリーになりたての登坂アナをキャスターに起用すると告知した直後の辞退発表。学歴詐称により新番組開始直前に降板したショーンKの前轍を踏む失態を演じたわけで、「呪われているとしか言いようがない。局内には社長はじめ上層部におはらいを勧める声が上がっている」(前出のフジ関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る