ポスト登坂アナの本命は? “同情”狙いで生田竜聖の名前も

公開日:

「うちのアナウンス室には適任者がいない。プロダクション各所にお伺いを立ててもどこも首を縦に振らない。池上彰さん? どだい無理な話。お手上げ状態です……」

 と、“降参ポーズ”で天を仰ぐのはフジテレビ関係者だ。「麿」の愛称で親しまれ、全国区の知名度を誇る実力派アナウンサー、元NHKの登坂淳一氏(46)のセクハラ疑惑が報じられて1週間足らず。フジは“登坂ショック”に大揺れだ。

 そりゃあ、そうだろう。4月から鳴り物入りでスタートする報道番組「プライムニュース(仮)」(平日16時50分)で、フリーになりたての登坂アナをキャスターに起用すると告知した直後の辞退発表。学歴詐称により新番組開始直前に降板したショーンKの前轍を踏む失態を演じたわけで、「呪われているとしか言いようがない。局内には社長はじめ上層部におはらいを勧める声が上がっている」(前出のフジ関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る