• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

離婚発表の中島美嘉 埋められなかった「遠距離」生活の溝

 歌手の中島美嘉(34)とバレーボールの清水邦広選手(31)が2日に離婚届を提出。清水が自身のツイッターに中島と連名で「2人でしっかり話し合いを続けてきた結果、別々の道という選択肢がお互いの将来のために最善であると考えました」とつづった。

 2人は3年間の遠距離恋愛を経て2014年12月に結婚。結婚後は清水の試合を観戦する中島の姿がテレビで放映されるなど、中島のクールなイメージを覆すラブラブぶりも見せていたが、中島は東京、清水は大阪を拠点とし「東京と大阪でのそれぞれの生活が多く家族としての時間を作ることが難しかった」と、離婚の原因が遠距離生活にあったことを明かした。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「中島さんに関して言えば『アスリートの妻になれなかった』のでは。中島さんが大阪に移り住み、彼のサポートをしながら東京でまとめて仕事を受ける方法もあったはず。中島さんは事務所にワガママを言わなかったのか、言えなかったのか、いずれにせよ本拠地を譲らなかった。お互いの仕事を尊重していても結婚は期待が伴うので、我慢が大きくなってしまったのでしょう」

 中島の結婚でVリーグの注目度も高まった上、中島への親しみやすさも加わり、好感度が上がっていただけに残念である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る