我が道を行く小泉今日子 電撃独立&不倫宣言に込めた覚悟

公開日: 更新日:

 キョンキョンは、やっぱり、芸能界の最先端を突っ走る女優である。

 2月1日、自身が代表取締役を務める舞台制作会社「明後日」の公式サイトで、大手芸能事務所「バーニング」から1月末日付で独立したことを電撃発表した小泉今日子(51)。同サイトは14時過ぎの発表直後からアクセスが殺到しサーバーがダウン。閲覧できない状況が4時間近くにわたって続いた。

 突然の発表でキョンキョンがつづったのは、まず、1982年のデビュー当時から36年にわたって所属した古巣を去るに至った経緯についてだ。〈育て守って頂いたことに返しきれないほどの恩を感じておりますが、50代になり残りの人生を意識した時にこのままでいいのかという疑問が心に生じました〉と自らの人生観について告白。

 そして15年春に一部週刊誌に報じられて以降、恋人だと目されていた俳優・豊原功補(52)との関係についても、初めて〈恋愛関係〉だと宣言。しかも、豊原は妻子のいる既婚者であることにも触れ、〈インターネットや雑誌などには既に離婚されているという誤った情報が流布されており、そのためにご家族の存在自体が伏せられたような形で報じられ続けてしまいました~中略~ご家族にはお詫びの言葉もございません〉と謝罪。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る