酒豪女優・高橋由美子が明かす 正月特番“途中退席”の真相

公開日: 更新日:

 芸能人酒豪番付があれば間違いなく大関・横綱クラスなのが高橋由美子さん(44)。本人いわく、「お酒の神・バッカスに守られている」という酒豪ぶりは?

 ◇  ◇  ◇

 飲まない日を数えた方が早いくらいかな。週に2日お休みしてあとはほぼ“皆勤”です。今、芝居の稽古中なので、終わった後、共演者とのコミュニケーションをはかるために飲みに行くこともあります。お酒が入った方が頭が冴えてきてセリフ覚えもよくなるので、お風呂上がりにビールを軽くやりながら、セリフを入れています。「ありえない」って言われますが(笑い)。

 普段は新橋や神田近辺の居酒屋にひとりでふらりと行って飲むことが多いですね。そこで知り合った友だちの輪がどんどん広がって、手帳の電話番号の半分の200人以上が飲み友だち。東京だけでなく、北海道から大阪、名古屋、広島、愛媛、秋田、山形と全国にいるので、地方にお仕事に行く時は前もって飲む約束をするんです。

 みなさん、普通のサラリーマンや自営業。年下の友だちが少なくて、ほとんどが年上。40代、50代が多いかな。その世代って、雑な飲み方をしないし、分別があるから、時に悩みを聞いてもらったりします。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める