放送306回の「相棒」は 「はぐれ刑事」の大記録を超えるか

公開日:

 テレビ朝日系「相棒」のシーズン16が先週最終回を迎え、亡くなった大杉漣さんの代役に立った杉本哲太の好演も話題になり、16.6%の高視聴率で締めくくった。

 キムタクだ、広瀬すずだと今クールは話題も多かったが、300回記念スペシャルを織り込んだ「相棒」が平均15.2%で、結局は強さを見せつけた格好だ。これで306話。2000年に誕生して18年になるオバケドラマは果たしていつまで続くのか。

 幅広い年代に受け入れられる水谷豊(65)の功績が大きく、水谷が元気で人気・体力ともに衰えなければテレ朝としてはずっとやってほしいだろう。「太陽にほえろ!」のように若い俳優が主役を代わるスタイルではなく、ひとりの刑事が主役で続いたドラマといえば、同局の「はぐれ刑事純情派」がある。

「はぐれ刑事」はスペシャルを含め、なんと全444話! 放送期間は88年から09年までだが、レギュラー放送は05年までの18年間。これは現在の「相棒」と同年数。当時は2クール放送で24~27話と今より多めだったこともあり、放送回数で差がついている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る