放送306回の「相棒」は 「はぐれ刑事」の大記録を超えるか

公開日:

 テレビ朝日系「相棒」のシーズン16が先週最終回を迎え、亡くなった大杉漣さんの代役に立った杉本哲太の好演も話題になり、16.6%の高視聴率で締めくくった。

 キムタクだ、広瀬すずだと今クールは話題も多かったが、300回記念スペシャルを織り込んだ「相棒」が平均15.2%で、結局は強さを見せつけた格好だ。これで306話。2000年に誕生して18年になるオバケドラマは果たしていつまで続くのか。

 幅広い年代に受け入れられる水谷豊(65)の功績が大きく、水谷が元気で人気・体力ともに衰えなければテレ朝としてはずっとやってほしいだろう。「太陽にほえろ!」のように若い俳優が主役を代わるスタイルではなく、ひとりの刑事が主役で続いたドラマといえば、同局の「はぐれ刑事純情派」がある。

「はぐれ刑事」はスペシャルを含め、なんと全444話! 放送期間は88年から09年までだが、レギュラー放送は05年までの18年間。これは現在の「相棒」と同年数。当時は2クール放送で24~27話と今より多めだったこともあり、放送回数で差がついている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る