• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK大河でなぜ今「明智光秀」なのか 識者からは懸念の声も

 東京五輪イヤーのNHK大河ドラマが「麒麟がくる」に決まった。明智光秀(長谷川博己)を主人公に、戦国時代の武将たちを群像劇として描く予定だという。原作はなく、第29作の「太平記」(91年)を書いた池端俊策氏が脚本を執筆する。

 とはいえ、光秀にはどうしても「本能寺の変」を起こした裏切り者のイメージがつきまとう。これまで一度も大河の主人公として描かれることがなかったが、なぜ今「明智光秀」なのか。

 NHKのホームページには、「従来とはまったく異なる新しい解釈で英雄たちを描く、まさしく『大河新時代』の幕開けともいえる作品」「最新の研究で新たなアプローチがなされ始めている英傑たちの姿を、従来のイメージを覆す新しいキャラクター像として描いていく」とある。

 光秀の生涯については謎も多い。本能寺の変についても諸説ある。「麒麟――」では、「私怨により本能寺で信長を討った謀反人のイメージを覆す、勇猛果敢かつ理知的な天才」として描いていくようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る