NHK大河でなぜ今「明智光秀」なのか 識者からは懸念の声も

公開日:

 東京五輪イヤーのNHK大河ドラマが「麒麟がくる」に決まった。明智光秀(長谷川博己)を主人公に、戦国時代の武将たちを群像劇として描く予定だという。原作はなく、第29作の「太平記」(91年)を書いた池端俊策氏が脚本を執筆する。

 とはいえ、光秀にはどうしても「本能寺の変」を起こした裏切り者のイメージがつきまとう。これまで一度も大河の主人公として描かれることがなかったが、なぜ今「明智光秀」なのか。

 NHKのホームページには、「従来とはまったく異なる新しい解釈で英雄たちを描く、まさしく『大河新時代』の幕開けともいえる作品」「最新の研究で新たなアプローチがなされ始めている英傑たちの姿を、従来のイメージを覆す新しいキャラクター像として描いていく」とある。

 光秀の生涯については謎も多い。本能寺の変についても諸説ある。「麒麟――」では、「私怨により本能寺で信長を討った謀反人のイメージを覆す、勇猛果敢かつ理知的な天才」として描いていくようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る