NHK大河でなぜ今「明智光秀」なのか 識者からは懸念の声も

公開日: 更新日:

 東京五輪イヤーのNHK大河ドラマが「麒麟がくる」に決まった。明智光秀(長谷川博己)を主人公に、戦国時代の武将たちを群像劇として描く予定だという。原作はなく、第29作の「太平記」(91年)を書いた池端俊策氏が脚本を執筆する。

 とはいえ、光秀にはどうしても「本能寺の変」を起こした裏切り者のイメージがつきまとう。これまで一度も大河の主人公として描かれることがなかったが、なぜ今「明智光秀」なのか。

 NHKのホームページには、「従来とはまったく異なる新しい解釈で英雄たちを描く、まさしく『大河新時代』の幕開けともいえる作品」「最新の研究で新たなアプローチがなされ始めている英傑たちの姿を、従来のイメージを覆す新しいキャラクター像として描いていく」とある。

 光秀の生涯については謎も多い。本能寺の変についても諸説ある。「麒麟――」では、「私怨により本能寺で信長を討った謀反人のイメージを覆す、勇猛果敢かつ理知的な天才」として描いていくようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る