TBSの勝負作「小さな巨人」抜擢 丑尾健太郎氏の異色経歴

公開日: 更新日:

 高視聴率ドラマを連発しているTBS系日曜劇場。キムタク主演の前作「A LIFE~愛しき人~」も前クールで最高の視聴率だったが、平均視聴率14・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)はちょっと物足りなかった。

 しかし4月16日にスタートする長谷川博己(40)主演の刑事ドラマ「小さな巨人」は、日曜劇場快進撃の基盤をつくった大ヒットドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」のスタッフを結集させ、キムタク超えの高視聴率を狙う。だが、この勝負作にも不安が残るとテレビ誌の記者は語る。

「今クールの注目ドラマであることは間違いないのですが、気がかりがある。『半沢直樹』『下町ロケット』で脚本を担当した八津弘幸氏の名前もあることはあるが、あくまで“脚本協力”の立場。どうして、ドラマの浮沈を握る大事なメーン脚本家が八津氏ではなく、フジテレビ系で平均視聴率4%台と惨憺たる数字を出したドラマ『HEAT』で脚本を担当した丑尾健太郎氏なのか。キムタクドラマで制作費を使いすぎたからなんて噂さえある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  3. 3

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る