鈴木京香との「同棲解消」報道に長谷川博己ダンマリの“胸中”

公開日:  更新日:

 渦中の長谷川博己(38)は同棲解消報道について一切、語ることはなかった。

 16日に行われた映画「この国の空」(8月8日公開、荒井晴彦監督)完成披露試写会。恋人・鈴木京香(47)との同棲解消が一部週刊誌で報じられて以来、初の公の場だった。この日は長谷川のコメントを求め、多くの報道陣が駆け付けたが、主催者側から「登壇者への声がけはしないでください」というお達しが……。主演の二階堂ふみ(20)と談笑するその舞台裏では、“ゴシップNG”の厳戒態勢が取られたのであった。

 京香&長谷川は1カ月ほど前に仏領ポリネシア・タハア島への“婚前旅行”が報じられたばかり。交際5年目、ケジメをつけるのも時間の問題といわれていたが、土壇場になって「京香の夫」という肩書に嫌気がさしたのだろうか……。

 もっとも、今では長谷川も売れっ子俳優の仲間入り。交際が発覚した当初はトップ女優との格差が取り沙汰されたが、トップ女優と不釣り合いといわせない役者に化けた。「この国――」では二階堂の“禁断の愛”の相手役を演じる。しかも、ふんどし一丁の姿を披露し、二階堂演じる隣人宅の娘サンに覆いかぶさり、処女を奪うという見せ場をつくるのだ。

「見ていただいた方のとらえ方に委ねたい」と、自分が演じた“難役”について語った長谷川。同棲解消報道も見たまんま、別れたってこと?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る