鈴木京香との「同棲解消」報道に長谷川博己ダンマリの“胸中”

公開日:  更新日:

 渦中の長谷川博己(38)は同棲解消報道について一切、語ることはなかった。

 16日に行われた映画「この国の空」(8月8日公開、荒井晴彦監督)完成披露試写会。恋人・鈴木京香(47)との同棲解消が一部週刊誌で報じられて以来、初の公の場だった。この日は長谷川のコメントを求め、多くの報道陣が駆け付けたが、主催者側から「登壇者への声がけはしないでください」というお達しが……。主演の二階堂ふみ(20)と談笑するその舞台裏では、“ゴシップNG”の厳戒態勢が取られたのであった。

 京香&長谷川は1カ月ほど前に仏領ポリネシア・タハア島への“婚前旅行”が報じられたばかり。交際5年目、ケジメをつけるのも時間の問題といわれていたが、土壇場になって「京香の夫」という肩書に嫌気がさしたのだろうか……。

 もっとも、今では長谷川も売れっ子俳優の仲間入り。交際が発覚した当初はトップ女優との格差が取り沙汰されたが、トップ女優と不釣り合いといわせない役者に化けた。「この国――」では二階堂の“禁断の愛”の相手役を演じる。しかも、ふんどし一丁の姿を披露し、二階堂演じる隣人宅の娘サンに覆いかぶさり、処女を奪うという見せ場をつくるのだ。

「見ていただいた方のとらえ方に委ねたい」と、自分が演じた“難役”について語った長谷川。同棲解消報道も見たまんま、別れたってこと?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る