• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鈴木京香との「同棲解消」報道に長谷川博己ダンマリの“胸中”

 渦中の長谷川博己(38)は同棲解消報道について一切、語ることはなかった。

 16日に行われた映画「この国の空」(8月8日公開、荒井晴彦監督)完成披露試写会。恋人・鈴木京香(47)との同棲解消が一部週刊誌で報じられて以来、初の公の場だった。この日は長谷川のコメントを求め、多くの報道陣が駆け付けたが、主催者側から「登壇者への声がけはしないでください」というお達しが……。主演の二階堂ふみ(20)と談笑するその舞台裏では、“ゴシップNG”の厳戒態勢が取られたのであった。

 京香&長谷川は1カ月ほど前に仏領ポリネシア・タハア島への“婚前旅行”が報じられたばかり。交際5年目、ケジメをつけるのも時間の問題といわれていたが、土壇場になって「京香の夫」という肩書に嫌気がさしたのだろうか……。

 もっとも、今では長谷川も売れっ子俳優の仲間入り。交際が発覚した当初はトップ女優との格差が取り沙汰されたが、トップ女優と不釣り合いといわせない役者に化けた。「この国――」では二階堂の“禁断の愛”の相手役を演じる。しかも、ふんどし一丁の姿を披露し、二階堂演じる隣人宅の娘サンに覆いかぶさり、処女を奪うという見せ場をつくるのだ。

「見ていただいた方のとらえ方に委ねたい」と、自分が演じた“難役”について語った長谷川。同棲解消報道も見たまんま、別れたってこと?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る