• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鈴木京香との「同棲解消」報道に長谷川博己ダンマリの“胸中”

 渦中の長谷川博己(38)は同棲解消報道について一切、語ることはなかった。

 16日に行われた映画「この国の空」(8月8日公開、荒井晴彦監督)完成披露試写会。恋人・鈴木京香(47)との同棲解消が一部週刊誌で報じられて以来、初の公の場だった。この日は長谷川のコメントを求め、多くの報道陣が駆け付けたが、主催者側から「登壇者への声がけはしないでください」というお達しが……。主演の二階堂ふみ(20)と談笑するその舞台裏では、“ゴシップNG”の厳戒態勢が取られたのであった。

 京香&長谷川は1カ月ほど前に仏領ポリネシア・タハア島への“婚前旅行”が報じられたばかり。交際5年目、ケジメをつけるのも時間の問題といわれていたが、土壇場になって「京香の夫」という肩書に嫌気がさしたのだろうか……。

 もっとも、今では長谷川も売れっ子俳優の仲間入り。交際が発覚した当初はトップ女優との格差が取り沙汰されたが、トップ女優と不釣り合いといわせない役者に化けた。「この国――」では二階堂の“禁断の愛”の相手役を演じる。しかも、ふんどし一丁の姿を披露し、二階堂演じる隣人宅の娘サンに覆いかぶさり、処女を奪うという見せ場をつくるのだ。

「見ていただいた方のとらえ方に委ねたい」と、自分が演じた“難役”について語った長谷川。同棲解消報道も見たまんま、別れたってこと?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る