ジャニvs元SMAP攻防戦が激化…顕在化した“内部統制の綻び”

公開日:  更新日:

「来てくれてありがとう!頑張ってー」

 舞台に上がれば黄色い歓声が飛び交い、移動するとファンにもみくちゃにされる。元SMAPで、ジャニーズから独立した3人組は、今も変わらぬ人気ぶりだ。4月には主演映画「クソ野郎と美しき世界」が封切られ、2週間の限定公開ながら全国86の映画館で28万人を超える動員を記録。冒頭はそのキャンペーンで、盛岡を皮切りに福島、宇都宮と別々に舞台挨拶を行い、東京で合流した際の光景だ。

 SMAPの解散騒動では、木村拓哉(45)と中居正広(45)がジャニーズ残留を決めた。香取慎吾(41)、稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)は芸能界から干されるというのが大方の見方だった。それがジャニーズを独立したタレントに待ち受ける道であり、だからこそジャニーズに歯向かうようなことはもちろん、虎の尾を踏むようなことはあってはならないと忖度し、おとなしくしておいたほうがいい。そんな業界の不文律に逆行するような動きを3人は連発している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る