動員力で圧倒 “元SMAP映画”がジャニーズに突きつけた現実

公開日:  更新日:

 元SMAPの稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(41)が主演したオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」が、今月6日からの2週間限定で86館の公開ながら、入場者数が28万人を突破して話題だ。

「全国週末興行成績によると公開初週は8位でトップ10入り。なかなかこの規模でのトップ10入りは難しい中の大善戦。おそらく、客単価は1500円ぐらいなので興収は4・2億円ほどでしょう。3人の合同ファンクラブ『新しい地図』の会員は13万人ほどといわれていますが、やはり動員力は別格。続編の製作も決定しました」(スポーツ紙芸能デスク)

 そんな中、ジャニーズがプッシュするグループのタレント主演の映画はなかなか苦戦を強いられているようだ。

「昨年公開されたHey!Say!JUMPやSexy Zoneのメンバーの主演映画は元SMAPの映画よりも大規模公開だったにもかかわらず、興収は1億にも満たない惨敗。中高生の女性たちには大人気のグループかもしれませんが、結局、大人は興味がない」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る